きもちに引っかかったもの

街にでて、気になったものを撮ってみた。いっけん無機質にみえるものでも、よく見ると、どことなくあたたかみのある表情をかもし出しているのはなぜだろう。アラスカエスキモーが言っていた「すべてのものには、魂がある。」と言う言葉をおもいだした。

b0194880_20594473.jpg

b0194880_21404510.jpg

b0194880_215231.jpg

b0194880_0311884.jpg

[PR]
# by tortoiseth | 2010-09-01 21:43 | 気になったもの | Comments(2)

ストレートな衝動

b0194880_1329316.jpg

動物は、昨日、今日、明日と言う風には考えない。ひたすら過去からつづく、今をいきている。
人のように、過ぎた事を思い悩んだり、来もしていない未来に不安になったりは、しない。

忠犬ハチ公は、過去に生きたんじゃない。今の想いにストレートにアクションを起こしていただけだと思う。それは、本当の意味での自由なんだ。想いが叶うにしろ、叶わないにしろ、それは一瞬のこと。人生のほとんどは、なにかをすることで、偶然出会う人たちや事柄の連続する時間だ。ハチ公も毎日、いろんな人たちとのふれあいがあり、いろんな風景を見ただろう。そして、純粋に今やりたい事をやった。つまり、ご主人とのあたたかなクオリアにつつまれながら、毎日駅に向かったのだと思う。

[PR]
# by tortoiseth | 2010-08-27 13:35 | 動物 | Comments(3)

目には見えない世界

b0194880_1426354.jpg

今まで生きて来て、何か、見えない手をさしのべられた様な、そんな経験が何度かある。
あれは、2年程前の事。友達3人で、長野県の山に登山に行った。帰りは、山道をおりて麓近くのバス停から駒ヶ根までバスに乗る予定だった。しかし、思ったよりも時間がかかり、「もう間に合いそうにないな。」などと言いながら山道を下りていた。そして山道を抜け、日が射す明るい道路にでた。と、その次の瞬間「スーッ」とバスが下り坂をおりてきて、バス停でもないのに僕たちの横に止まり、ドアがあいた。
「乗ってく?」と言う運転手の声。僕たちは、礼を言い「ラッキー!」とか言い合ってバスに乗り込んだ。
駒ヶ根からは、電車か高速バスのどちらかで帰る事になる。その日は祝日で、高速バスは、満員で乗れないんじゃないか?1時間以上待たされるんじゃないか?あるいは補助席に座る事になるかな。などと言う事が予想された。とりあえず案内所まで行ってみようと言う事になった。そして、高速バスの乗車案内所についたのが午後3時。時刻表をみた。「15:15臨時」と言う文字。15分後に臨時バスがでるらしい。さっそくチケット売り場に行く。なんなくチケットが手に入った。臨時バスは、数える程しか人が乗っていなかった。シートをおもいっきり倒し、のびのびと座れた。山登りのベテランのY君が「今回は、妙にスムーズに帰れるなあ。」といった。そのとき、車内では発車前のおきまりのアナウンスが流れ、最後に「運転手の平澤です。」と言う言葉で、アナウンスがきれた。僕と同じ名前だった。Y君が「なんだ!これ平澤の運じゃないのか。」と冗談をいった。「そうかなあ?」などと言ってみんなでわらいあった。
それから数日後、「長野のおばあちゃんが亡くなった。」と言う知らせの電話がきた。
おばあちゃんは、あの日病床で、孫の事を案じてくれていたのだろうか。
葬儀に出席した。おばあちゃんの遺体は、与えられた命を、正直に生ききった、と言うような敬虔な印象すら感じる、すばらしい姿をしていた。その後も、大きい仕事がいっぺんに二つも入ったり、親戚のおばさんのご好意で、一軒家を借りられる事になったりと、幸運が続いた。
物理学者のニュートンがこんな言葉を遺している。

「私は、大海原がひろがる浜辺で、きれいな石を見つけてよろこんでいたにすぎない。」

科学では解き明かせない世界は、人間が理解している世界よりも遥かに大きく、ひろがっているのかもしれない。

[PR]
# by tortoiseth | 2010-08-23 14:39 | 日々のこと | Comments(6)

ちかごろのこトラちゃん

b0194880_13454880.jpg


















b0194880_1122881.jpg!「・・・。」
[PR]
# by tortoiseth | 2010-08-17 11:08 | はしやすめ | Comments(2)

ネコの仁義

b0194880_20242756.jpg

こころがあるなら、当然ネコの世界にも仁義はある。今年の4月まで世話をしていた、あるネコの話。
そのネコの鼻は、はなみずが垂れてガビガビになり、目は、目やにと涙でただれて目の下が、くまの様になっていた。
その風貌とのっそりとした歩き方のせいか、近所では、「ボス」とか「ワル」とか呼ばれていた。たまにご飯をあげた。
12月にはいり、ずいぶん寒くなってきたある日のこと。
その日も、このネコに、ご飯をあげて台所で水仕事をしていた。水仕事を終えて、リビングにもどるとソファーの上に鼻を「ずーずー」いわせながら、このネコが、ちょこんとのっているではないか。
「寒いから、入れてくれ。」と言うことだろう。
ソファーは鼻水でよごれるし、においはするはで、スッタモンダの末ダイニングに小さな寝床をつくって、おいてやる事にした。
寒い日は、寝床にホカロンをいれてやった。
夜中、冷え込みがきついときは、ホカロンを追加してやった。
朝、陽がさしてくると、寝室までやって来て「外にだしてくれ!」と一鳴きする。すぐ飛び起きて、雨戸を開け、外にだしてやった。そんな風に毎日が過ぎたある日の朝、いつもの様に「出してくれ!」と鳴くので、雨戸を開けるために、しゃがんで雨戸の下のカギに手を触れたとき、このネコが手におでこを、押し当てて来た。
それからは、毎日、手におでこを押し当ててから出て行くようになった。
栄養をあたえたり、抗生物質を飲ましたりしたら、いろんな症状がよくなるかとおもったが、あまり良くならなかった。日々、少しづつ食欲も細くなっていった。
何ヶ月か過ぎて、春めいて来たある日のこと。外からもどって来たこのネコが、足下にまとわりついて来た。ご飯が、欲しいのかと思い、あげてみた。たべない。「何だろう。」おでこを押し当てて来たりするので、ひとしきり背中やあごをなぜてやった。
しばらくそうしていると、寝床にはいりもしないで、そのまま「ひょい」と出て行ってしまった。それ以来、一度もこのネコをみない。「お世話になりました。」と言いたかったのだろう。心地よい季節の風につつまれて、やすらかに逝ったのだと信じている。ネコにも仁義はあるのだと言う話。

[PR]
# by tortoiseth | 2010-08-13 20:39 | 動物 | Comments(4)


あたりまえだと思ってる事、でもなんか変。イラストレーター平澤貴也のブログ


by tortoiseth

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ホームページ

hirasawatakaya drawing site

イラストレーションファイルweb


お気に入りブログ(エキサイト以外)
・・・・・・・・・・・・・
山のおもむき
藤原新也さんのブログ

フォロー中のブログ

イラストレーター河本徹朗...
女性誌、web、広告 |...
櫻井 砂冬美 / Sak...
トコトコブログ
奥 勝實オフィシャルサイト

タグ

カテゴリ

全体
社会
自然
動物
はしやすめ
日々のこと
気になったもの

もの

イラスト
イラスト(らくがき)
未分類

最新のコメント

y15424さん どうも..
by tortoiseth at 01:17
よかった、よかった。
by y15424 at 14:02
y15424さん 知らせ..
by tortoiseth at 13:29
これ、当ブログにも書き込..
by y15424 at 15:30
tokotokoyuj..
by tortoiseth at 02:20
tokotokoyuj..
by tortoiseth at 02:17
庭はいいですね、だれにも..
by tokotokoyuji at 15:56
いい話ですね、心のきれい..
by tokotokoyuji at 15:54
tokotokoyuj..
by tortoiseth at 03:21
かわいい絵ですね。気持ち..
by tokotokoyuji at 11:28

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

小説新潮 白石一文著「ひとり..
at 2017-08-09 13:41
親しげに佇まう
at 2017-08-05 00:57
小説すばる 阿刀田高さん連載..
at 2017-07-29 01:47
水辺の森
at 2017-07-18 23:30
光を焼き付ける
at 2017-07-11 03:02

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
絵日記・イラスト

画像一覧